2007年2月10日 ジャンボクラブ下呂 jun1さん

<10日>
朝八時に堺を出発。
途中渋滞も無く、SAなどで休憩しつつ2時くらいに高山へ到着。

クルマの調子がおかしく、まっすぐに走れない(若干、右前方へ進む)
急遽日産のディーラーへ点検に出すと、タイヤの空気圧が問題だった様だ。
無事に解決し、高山市内へと向かう。

ちょっと遅いお昼ご飯を食べる。
飛騨牛のローストビーフが乗った丼の定食と、肉の乗った握り寿司。
丼が非常に美味しかったが、値段が高い(汗)



店員のお姉さんがものすごい美人で、 食べた後も二人してその人の話ばっかり(笑)
市内散策中、漬物などお土産類を色々と購入。
アジア人のツアーが非常に多く、その人たちににまぎれながらの買い物。
ノスタルジックな「さんまち通り」を散策したりと、ブラブラしていた。


夕方、高山を離れて下呂温泉へ。 ジャンボまで一時間弱。
セレナのカーナビが頑張ってくれました。「この先ほぼ道なりです」 と!
道なりだと全然ナビしてくれないのが困りモノ。
最後の最後に、ジャンボ到着間近で入り口を間違って案内したりとで、かなり困った
(笑)

やや遅れて6時過ぎに到着。部屋に荷物を入れてレストランへと向かった。
飛騨牛のすき焼きのお肉が柔らかくて、凄く美味しかった。



食事の後、温泉街へ繰り出す。
小雨が降る中、細い路地をクネクネ頑張るも、城崎の様な楽しい場所ではなく、
1周した後コンビニで買物してそそくさとジャンボへ帰る。

 

<11日>
朝食で、朴葉(ほうば)味噌が出た。コンロでジュージュー焼きながら食べるのだが・・・
この写真の後、葉っぱが炎上し、黒焦げに(笑)
ホテルの人が新しいのを作って持ってきてくれた。


温泉街に来てる可愛い女の子が居ないか?とか、バカな妄想を
お互い膨らませながら、11時くらいまでホテルに滞在していた。



ホテルの窓からの景色


ホテルのロビー


その後、下呂温泉街へ散策に。
川べりに噴泉地というのがあり、源泉が湧き出て、無料の露天風呂が利用できる。
しかし、かなり勇気が必要な温泉(行って見たら分かる)ので注意!
昨夜とは違い、足湯が出来るお土産屋さんを発見出来たりとで、時間があれば
ゆっくりと見て回りたい温泉街である。


温泉街をブラブラした後、合掌村へ。
元々は山奥の村からの移築と言うことで、かなり昔の建築であった。
平沢議員の生家の移築されたのもあったり!とで、かなり興味深い施設。

そして、帰路へ。
途中名古屋を過ぎたあたり、一宮から大渋滞に巻き込まれ、帰阪したのが夜11時。
渋滞が無ければ途中下車で京都へ行こうかと言っていたが、それも叶わず・・・・仕方ない。

運転手が僕1人(相棒も運転できるが、車の保険の都合上)だったので、非常に疲れた。
今度はレンタカーを借りて、交代交代で運転したほうが良い事を痛感。
(これが信州旅行への教訓となり、先日楽しく行く事が出来た)
男同士、高校時代の古い友人と二人の旅行だったが、学生時代とはまた違った空気感の非常に楽しい旅行であった。

彼は4月より就職で東京へ行ってしまうので、東京界隈で会えるような、そんな旅行を計画している。
(これが横浜〜葉山〜東京への旅行へと実現する)

Page1/1

ご感想はこちらでどうぞ

アルバムトップへ

Copyrights and All Thanks for "jun1さん" 私の写真も見せたい!アルバムへ掲載するには?